年末調整の提出忘れ 住宅ローン控除はどうなる?


住宅ローンを組むと、控除を受けることができます。
申請をしなければ受けられないことですから、忘れずに受けるようにしてください。

年末調整の提出忘れ、どうする?


住宅ローン控除は申請をした年から10年間受けることができます。
時には年末調整をし忘れることも無いとは限りません。
それが、途中退社をしたり、多忙な毎日で手続きができなかったりすることです。
しかし、ご安心ください。
たとえ年末調整のし忘れ、用紙の提出をしなかったとしても、5年分はさかのぼって年末調整をすることができます。
確定申告の形だったり、会社で行う年末調整など、その時の手続きがありますから、問い合わせをしてみてください。

年末調整の方も最悪確定申告でもOK


例えば、その年の途中までは会社員でも退社をすることで、年末調整は必要無くなります。
そして、自分で確定申告を行うことになりますが、その時に住宅ローン控除の手続きも行なうことで解決できます。
要するに、きちんとした形で申告をすることが大切だということです。
このような書類に関しては、期日厳守のものがほとんどですが、年末調整は、比較的猶予があります。
ただし、5年間の猶予しかありませんから、そこは気をつけてください。

年末調整で不明な点は税務署へ


住宅ローン控除などの年末調整に関しては、少しでも不安なことがある時には税務署に問い合わせをしてみてください。
税金を徴収するばかりではありませんから、きちんと対応してくれますし、わからない部分も説明してくれます。
個人事業主にとっては、税務署は馴染みがありますが、サラリーマンの方にとっては、なんとなく近寄りがたいですが、税金のことは何でも相談できるところです。