住宅ローン控除の初年度は確定申告!?それとも年末調整!?


給与所得の方が受ける年末調整
住宅ローンを組んだ時、初年度だけは自分で確定申告することにな
ります。

住宅ローン控除と確定申告


今年に入って、住宅ローンを組んだ場合、来年の3月前後に行われ
る確定申告を自分で申請することになります。

年末調整は初年度に限っては関係ないことになります。

ただし、この年だけ自分で確定申告をした後は、次年度からは年末
調整になりますから、確定申告の必要はありません。

必要書類が多くありますから、必ず税務署に問い合わせてから、確
定申告を行うようにしてください。

住宅ローン控除と節税


住宅ローン控除と年末調整の関係は、所得税や住民税の節税と関係
があります。

住宅推進のための国の方針で、一部控除になることから、このよう
な年末調整をすることで、お得になります。

給与所得の方にとっては、確定申告は初めての方がほとんどですが
、書き方などについては、丁寧に教えてくれます。

何もかも自分だけで行うことではありません。

ただ、初年度の確定申告では、書類をいろいろと揃える手間だけが
かかることになりますから、それが面倒なだけだとされています。

次年度からは、経理が差し出す用紙の必要事項を書き込み、必要書
類を添付して、提出をするだけです。

10年間年末調整で、所得税と住民税がお得になります。

住宅ローンは面倒?


住宅ローンを組むこと自体様々な面倒な手続きがずっと続きます。

そして、初年度の確定申告で、一応の法的な手続きは区切りがつく
ことになります。

何度も役所に出入りしたり、金融機関との連絡が続くことになりま
すが、税務署に必要書類を提出して、次年度からの年末調整を待つ
だけになります。

面倒なことも多いですが、手続きはきちんと行うようにしてくださ
い。