新生銀行の 住宅ローン 審査 基準は甘いってホント!?


新生銀行の住宅ローン審査基準は、公式には不明ですが、様々な
情報を集めてみました。

住宅ローン審査基準 年収


新生銀行の住宅ローンの審査基準で、年収は下限は300万円となっ
ています。

自営業の方は、過去2年の平均が300万円ということになります。
この基準だけは厳格に守られていて、これ以下の場合は、新生銀行
の住宅ローンは利用できないと思ってください。

特に自営業の方にとっては、住宅ローンの審査基準がきびしい現実
です。

300万円も大変な方にとっては、住宅ローンそのものも遠い存在に
なります。

ほかの金融機関でも似たような金額になっていて、新生銀行がめち
ゃくちゃ年収の新がきびしいということではありません。

住宅ローンの審査基準 勤続年数


新生銀行の住宅ローンの審査基準の勤続年数は2年以上となってい
ます。

この勤続年数は、連続就業がOKですから、転職をしていたとしても
2年以上働いてることが問題になります。

ほかの金融機関では、この勤続年数は3年以上というところが多い
ことから、新生銀行の審査基準は少しあまいことになります。

会社員の場合、正社員は審査に通りやすいです。

契約社員であったとしたら、年収や勤続年数が多ければ多いほど有
利になります。

自営業の方は、業歴が2年以上ということになります。

新生銀行の住宅ローン 総合的な審査基準


新生銀行で住宅ローンを利用という時、審査基準は普通です。
極端な厳しさもないのですが、緩いからということでもありません。

それなりの会社員、年収も安定していることが条件です。

自営業の場合、赤字等があることでしてきされることも考えられま
す。

その他、健康状態、クレジットカード利用などの一番的な審査基準
が加わります。