新生銀行の住宅ローンの借り換え デメリットはある?


新生銀行住宅ローン借り換え先としてとても人気があります。

新生銀行が人気の理由


新生銀行の住宅ローンの借り換えは、保証料などの初期経費や手数料が安くなっています。
低金利なのは、現在どの金融機関も同じくらいですが、住宅ローンのかかる手数料はかなりの出費になります。
初期経費だけではなく、繰り上げ返済も簡単にできます。
ほかの金融期間では、住宅ローン契約時に給与振込みなどの条件をつけてくることもありますが、新生銀行ではそのようなこともなく、借り換えのデメリットはあまりないとされています。

住宅ローンの内容によってはデメリットもある


住宅ローンの借り換えは、誰でもなんでも良いということではありません。
新生銀行でも借り換えを推進している事もありますが、原則的には、住宅ローンの残高が1000万円以上あり、返済期間が10年以上あることが良いとされています。
ですから、新生銀行でのお得な借り換えが存在していたとしても、必ずしもメリットになるとはいえません。
デメリットになるケースもあります。
そして、ほかの金融機関も同じですが、新生銀行での住宅ローンの借り換えの手続きには、相当な時間と労力がかかります。
借り換え経験者の方の口コミでも、二度としたくないという方が非常に多いです。
この点については、その後の返済が楽になりますから、デメリットではないのですが、大変ということは心得ておいてください。

今の住宅ローンより本当にお得か?


新生銀行は手数料も安く、借り換えの条件としては良い金融機関です。
ただし、現在の住宅ローンとの徹底比較をしっかりとすることをお勧めです。
安易な借り換えで、やっぱりムダだったということになることでは、せっかくの借り換えが台無しです。
メリットばかりではなくデメリットも確認してください。



借換