年収 500万円で 4000万円の 住宅ローンを組む秘策とは!?


年収と住宅ローンの関係はと
ても複雑です。
住宅ローンの金額が少なく年収がとても多いというのが理想です。


年収500万円、住宅ローン4000万は可能?


単純計算で、2%程度の固定金利で35年ローンにして、月々16万円程
度の返済になります。

どのくらいの返済ができるかによっても変化しますが、審査は通過
するだけの内容だとされています。

この先500万円の年収がキープされることと、子供がいる場合の教
育資金などを考慮すると、思い切って4000万ではなく、3000万程度
の住宅ローンにすると返済も楽になるとされています。

住宅ローンは少ないほうが良いに決まっていて、返済期間も短いこ
とで、金利が大きく変わってきます。

公務員などで、定年やベースアップなどがある程度保証されている
場合は安心ですが、そうではない時には、頭金をためて住宅ローン
の借入金を少なくした方が後々楽になります。

4000万は大金


当たり前のことですが、3000万と4000万は大きな隔たりがあるとさ
れています。

10年以上の住宅ローンの場合、1000万の違いが返済に大きく響きま
す。

当初の目的では、というのは、いつの間にか時勢に流されることも
あり、計画段階で多く住宅ローンを借りるよりも頭金を増安ことを
考えたほうが良いとされています。

年収500万なら、なんとかならないものかと考えるところです。

この年で年収500万


住宅ローンを開始する年齢も関係してくることです。

40歳で500万なら、35年の住宅ローンは辛いところで、せいぜい25
年といったところでしょう。

それでも定年を挟むことになります。
そんなこといろいろと考え、年齢、年収、所得、住宅ローン。

スムーズな返済ができるよう、いろいろと見積もってみてください。
住宅ローンの借入金は少なく返済期間が短いほうが良いのは常識で
す。